男性型脱毛症(AGA)

当院における男性型脱毛症(AGA)治療

当院は女性の脱毛症治療はしておりません

AGAは思春期以降に始まり徐々に進行する脱毛症です。
早期からの治療介入により進行抑制、発毛効果を期待できます。

 

当院でのAGA治療の流れ

初回受診:
診察と血液検査(半年以内の採血または検診結果があれば行いません。)を行います。
副作用がなければ治療は1年以上継続することを勧めます。

 

治療薬と費用

処方薬:

  • プロペシア 1mg 28日分 9000円

  • ザガーロ 0.5mg 30日分 10000円

  • フィナステリド 1mg 28日分 4500円(プロペシアのジェネリック)

まずはプロペシア(フィナステリド)1mgを使用します。

治療効果は使用開始後半年から1年程度で実感できます。

1年目まではAGAの進行が止まり、それ以降発毛を実感することが多いです。早期の治療開始が大切です。

半年から1年で効果が実感できなければザガーロ0.5mgに変更することで、さらに治療効果が望めます。

注意点:
稀に性欲や食欲が減退することがございます。さらにプロペシア、ザカーロの成分は、前立腺がん検査で測定するPSA値を約50%低下させます。したがって、測定したPSA濃度を2倍した値を目安として評価してください。

男性性機能不全 (ED)

当院における男性機能障害(ED)治療の流れ

男性機能障害(勃起障害:ED)とは「満足な性行為を行うのに十分な勃起が得られない、維持できない状態が持続または再発すること」を指します。

原因として加齢、糖尿病、肥満/ 運動不足、心血管疾患/ 高血圧、喫煙、テストステロン低下、慢性腎臓病/ 下部尿路症状、神経疾患、手術/ 外傷、うつなど精神的因子、薬物、睡眠時無呼吸症候群が知られています。

 

当院での治療の流れ

  1. 初診日には質問紙の記載、血液・尿検査、心電図検査を受けていただく必要があります。安全に薬剤を使用するために必要です。すでに当院にかかっていて半年以内に検査している場合、検診結果をお持ちの場合には血液・尿検査は行いません。心電図検査に問題がなければ当日処方可能です。希望の錠数をご提示ください。4回分程度を処方するのが一般的です。
    注意:心電図異常が認められ、心臓を栄養する冠動脈が狭くなっていることが疑われる場合は治療薬の使用が困難な場合があります。その際に使用を希望される場合は循環器専門医へ受診が必要です

     

  2. 次回受診時に検査結果を説明し、効果判定の上で、追加処方をします。
    効果判定は質問紙に再度記載いただき効果を判定します。

 

治療薬と費用

  • 初診費用(問診、診察、心電図検査):4,500円、血液検査.尿検査を含む場合:9,500円

  • 再診料金(問診、院内処方料含む):2,000円

処方薬:

  • バイアグラ 価格 25mg 1錠 1,300円、50mg 1錠1,700円

  • シルディナフィル 50mg 1錠 650円(バイアグラのジェネリック)

初回は25mgを処方します。効果が不十分な場合は50mgに増量します。
バイアグラ1錠を性行為の約1時間前に内服してください。効果は約4時間継続します。使用回数は1日1回で、投与間隔は24時間以上開けて下さい。この薬剤は勃起をサポートするもので、性的刺激が無いと勃起しません。
糖尿病や高血圧症等の生活習慣病を合併している場合は、それらに対する治療も必要となりますので、通常の内科外来にも受診していただく必要があります。

使用上の注意点

ニトログリセリンやシグマート等の亜硝酸関連薬、アミオダロン(不整脈治療薬)、アデムパス(肺高血圧症治療薬)使用中の方はED治療薬が内服できません。
降圧薬を使用している場合は過剰に血圧が下がってしまう危険性があり注意が必要です。
抗真菌薬や一部の抗菌薬で効果が過剰となる可能性があり注意が必要です。
五時間を超えても勃起がおさまらない場合は医療機関を受診してください。
非常に稀ではありますが、海外で目の見え方に問題が出る場合や、難聴が生じることがあると報告されています。

このような場合はすぐに投薬を中止し、医療機関を受診してください。